インターンシップのためのアメリカ・シリコンバレーへの留学

アメリカ・ニューヨークに格安留学してたどり着いた大学院生のときにインターンシップで行きました。私が滞在した地域はカリフォルニアのサンノゼ付近の、いわゆるシリコンバレー地域です。

滞在方法はホームステイでした。最初、英語は全くできなかったですが、ホストファミリーと英語でのコミュニケーションを通じて数週間で耳が慣れてきました。英語でコミュニケーションが取れる喜びを感じたことを鮮明に覚えております。

反面、インターンシップでアメリカ留学したわけですが、仕事先では当初、英語のコミュニケーションができなくて大変困りました。ホストファミリーは私のような留学生受け入れに対して寛容で、ゆっくり丁寧に話をしてくれましたが、企業では、そうはいきませんでした。

 

あまりにスムーズに仕事ができなくて、自分の未熟さを痛感しました。アメリカに行く前にしっかり英語の勉強をしておけばよかったと後悔したことを記憶しています。

苦労したことのもう一つは乾燥です。私の滞在中、雨はほとんど降らなかったです。毎日、朝は曇っていることもありましたが、昼からは必ず快晴でした。ホームステイ先はシャワーのみだったのですが、シャワーを浴びた後、顔が乾燥してカサカサになって、化粧水を大量につけていました。私は乾燥肌なので苦労しました。

苦しいことばかりでもありませんでした。休みの日には様々な場所へ観光に行きました。サンノゼからさらに南にあるサンタクルーズはおススメです。夏に訪れた際はぜひ海水浴をしてはいかがでしょうか?水がすごくきれいでした。また、クラブケーキなど、美味しい料理があります。

思いがけないことも起きました。帰りの飛行機はサンフランシスコ空港からでしたが、約12時間のフライトでした。そこで隣になった人と、仲良くなりまして、帰国後数回お会いして現在、付き合っております。

何より、大学院生だった私には現地で働く人たちから刺激を受け、マインドアップできたことが一番大きかったです。帰国後の私にもこのアメリカ留学は良い影響をもたらしてくれました。

PR|サプリメント生命保険の口コミ.COMクレジットカードの即日発行じゃけんお小遣いNET初値予想GetMoney住宅リフォーム総合情報英語上達の秘訣貯蓄心の童話JALカードマッサージのリアル口コミ.com童話お家の見直ししま専科英語上達の秘訣内職 アルバイト