アメリカで嫌でも意識させられること

サンフランシスコの語学学校に留学していた友人が言っていたことです。アメリカに住んだ方は絶対的に意識させられることがあります。
それは、歯です。

日本人はあまり歯に関しては敏感ではなく、歯並びが整っていない人もよく見かけますよね。
ですが、アメリカでは、そういった人を見かける方が少ないですし、見かけると、はっとさせられるほど、珍しいことなのです。

歯を矯正していない人はそんな費用もない貧乏な人だとみなされるといわれていますが、それよりも、これはマナーや身だしなみのようなものです。
歯が整っていない人は、きちんとしていない人だととらわれてしまうのです。

ですので、アメリカ人は、半年に1度は必ず歯の検診に行きます。
その検診と同時に、歯のクリーニングをします。
ホワイトニングも今ではUVでできるようになったので、歯のエナメルを傷つけず、何度も行えるようになりました。

歯が整っている人がアメリカではほとんどなので、自分の歯に疎い人であっても、アメリカにいれば必ず意識させられることとなります。